33歳で乳がんになっちゃった私の平凡な日常

乳がん患者家族から乳がん患者になってしまった33歳の私の平凡な日常をつづった日記です。

スポンサーリンク

大喧嘩の翌日。

この前ブログで旦那さんと喧嘩しないようにする、って言っていたばかりなのに昨晩やっちまいましたよ…。

 

しかもなかなか大きいやつを。

 

原因はお金に関することです。

またお金…!!

 

 

簡単に言うと、今月ピンチになった旦那さんに私は出張前に数万円を貸しました。

出張から帰ってきたらすぐ返すね、って言ってたので私は昨日あたり返してもらえるのかな、って思ってました。

 

しかし特にそうゆう素振りもなかったので私から「お金どうなってる?」的なことをやわらかく(!)聞いたら

「来週中には…」みたいな煮え切らない答えが返ってきたので「難しいならちゃんと事情を言ってくれれば待つよ」と言ったんですがそこからボタンの掛け違え的に喧嘩に発展してしまいました。

 

細かくはうまく書けないんですがとにかく2時間くらいワーッて言い合ってました…。

 

夫婦でお金の貸し借りってなんか変ですよね。

夫婦だと貸し借りとはあまり言わないのかな。

 

とりあえず貸したっていう形をとったため、いつ返してもらえるのかを私はちゃんとしておきたかったんです。

夫婦間でこう思うのは厳しすぎるのか。

 

 

返すことが難しいならそれをちゃんと言って欲しいし無理なものは仕方ないから無理矢理返せー!なんてマネはもちろんしません。

 

お金返して、ってこっちからものすごく言いづらいんだからそっちからなんらかのアクションしてよーって思っちゃいました。

 

しかもすぐに返すよって言葉があったので昨日聞いてしまったわけです。

 

結果的に私は取り立ての鬼のようになってしまったようで自己嫌悪もでてきました。

 

自分の伝えたいことがうまく伝わっていないと本当に嫌になります。

悔しいし悲しい。

 

そんなつもりで言ってないのに…と悲しくなる。

 

 

もう、疲れました。

 

喧嘩って本当に消耗しますね。

 

いつもとことん話し合い引きずることはしないので朝起きたら普通には戻ってました。

 

しかし泣きながら寝たのか目は腫れてるし気分は最悪でした。

 

旦那さんの顔もむくんでるし疲れてるしなんだか申し訳ない…

 

だから喧嘩って嫌なんだ!!

 

だから(?)今日は行きたかった洋服屋のセールに行ってきました!

昨日お金の話してたのに矛盾してますよね…すみません!

金返せ的なことを言ったのにね。

 

でも自分の機嫌は自分でとるしかないのです。

 

意気込んで行ったものの洋服はいいものがなく

夏らしい帽子がセールになっていたのでそれのみを買ってきました。

 

そしてお菓子が安いドラッグストアにてお菓子をまとめ買いしました。

 

本当に安いお店なので助かります。

これでしばらくお菓子は買わなくていいはず。

 

買い物から戻ると気持ちはすっきりしてました。

単純なわたし。

 

さて、もうすぐ旦那さんは帰ってくるようです。

 

今日は笑顔で終われますように。