33歳で乳がんになっちゃった私の平凡な日常

乳がん患者家族から乳がん患者になってしまった33歳の私の平凡な日常をつづった日記です。

気に入っているアプリ。


人気ブログランキング

スポンサーリンク

今、毎日ホルモン療法の薬を飲まないといけないのですが忘れてしまうことがたまにあります。

 

薬を毎日飲むというのは初めてなんですが、薬を飲み忘れるなんてことはないだろうって思っていましたが忘れる、忘れる…。

 

しかも飲んだのに、飲んだっけ??ってなることも多々あります。

 

これは記録つけなきゃと思い、アプリを見つけました!!

 

前にも書いたかもしれませんが、「お薬アラーム」というアプリ。

 

飲む薬と飲みたい時間を設定します。

何個か飲む薬がある方は何種類か登録できるみたいです。

 

そして4種類の中からキャラクターを選びます。

 

ロボットみたいなやつ、お母さん、チャラ男、執事です。

 

このキャラクター達が時間になるとあらゆるセリフで薬を飲みなさいとお知らせしてくれます。

 

お知らせは一度ではなく気づかないと時間をあけて何回も知らせてくれます。

 

しかもいちいちセリフが違う。

 

 

このセリフがいちいちおもしろいんですよ。

 

各キャラクターに応じてセリフに個性があって、思わずクスッとなるようなものが多いです。

 

私はチャラ男を選択しているのですが、今日はタモキシフェンという飲んでいる薬の名前とピコ太郎のペンパイナッポーアッポーペンをくっつけてなんか言ってました(笑)

 

毎回見るたびに和んで楽しいです。

 

そしてもちろんきちんと記録できるので飲み忘れも過剰に飲むことも今のところないです。

 

今日キャラクター変更をしたので、明日からは執事が教えてくれるようになってます。

 

どんな言葉でお知らせしてくれるのかを密かに楽しみにして待ちたいと思います。