33歳で乳がんになっちゃった私の平凡な日常

乳がん患者家族から乳がん患者になってしまった33歳の私の平凡な日常をつづった日記です。

自宅に戻ってきました。


人気ブログランキング

スポンサーリンク

昨日実家から自宅へと帰ってきました。

 

飛行機は午後の便だったので11時ごろに実家を出ればよかったのでのんびりできました。

 

毎回毎回、実家を去る時がすごく苦手です。

 

 

寂しいし、若干の照れくささみたいなものもあり何回やっても慣れません。

 

父と弟は仕事だったので不在でした。

 

というわけで母とのお別れだったのですが、やっぱりなんとも切ない気持ちになりました。

 

帰りたくはないけど帰らないといけない、みたいな気持ち。

 

大人になってもこの気持ちはみんな変わらないものなのでしょうか?

 

すぐに行ける距離にいれなくてごめんね、って毎回思います。

 

実家が近くにある人が羨ましいな。

 

別れ際はいつも割り切れない思いがでてきてしまいます。

 

 

だけど自分で選んで好きで嫁にいったわけなので後悔はしてません。

 

 

順調に空港につき飛行機に乗れたのですが、ものすごく揺れました・・・。

 

 

飛行機には比較的よく乗る方だと思うのですが、今までで1番くらい揺れたかも。

 

怖かった!!!!

 

 

 

自宅に戻ってみると、

 

トイレ、洗面台などがTHE男の1人暮らしという感じでいい感じに汚れています。

 

翌日にすればいいのですが自分が使う前にはある程度綺麗にしておきたいので

 

一息つく前に軽く掃除しときました。

 

掃除魂に火がつきます!

 

その後、少し休んで近くのスーパーまで買い出しに行ってきました。

 

私がいない間に新しいスーパーが近いところにできていてとても便利です。

 

近いのが本当に嬉しい。

 

旦那さんは全く料理とかしない人なので冷蔵庫の中にはなんにもありません。

 

飲み物さえないんですよ・・・。

 

よくこれで困らないもんだと思います。

 

とりあえず必要なものだけを買って帰ってきました。

 

帰宅すると、疲れていたのか1時間くらい寝てしまい旦那さんが帰宅した音で目覚めました。

 

会うのは手術の日以来だからそんなに久しぶりでもないのですが、この家で会うのは2か月ぶりでした。

 

初めはなんかお互いに慣れなくてぎこちなかったです。

 

なんか違和感がすごいんですよね・・・。

 

軽く人見知り?!

 

たまには夫婦離れて暮らすのも悪いことばかりではないのかもしれません。

 

お互い少しだけ優しくなれるような気がします。

 

この効果は何日か経つとすぐ薄れますが(笑)

 

そして今日は掃除頑張りました。

 

昨日できなかった細かいところをやりました。

 

あと、もう最近寒いので秋仕様に衣替えもしました。

 

そして今度通院する病院へ予約の電話も完了。

 

 

 

そして、そろそろパートを探したいなと思っています。

 

お小遣いが欲しいので・・・。

 

求人サイトちょこょこチェックしたいと思います。